Menu

営農しながら太陽光発電

ソーラーパネル

特徴と注意点

ソーラーシェアリングとは、農地の上で行う太陽光発電のことです。農地で農業を行いながら太陽光発電を行う点に特徴があり、農業収入と売電収入の両輪で収入を得ることができます。太陽光発電は電気を使う時間帯に発電できることから、電力が無駄にならず効率的ということで注目を浴びている発電方法です。ソーラーシェアリングの場合は農業をしながら発電できるという点でさらに効率がよいといえ、新しい形の発電方法として注目をあびています。ソーラーシェアリングはこのように注目を集めている方法ですが、設置するときにはいくつかの注意点があります。まず一つ目は初期費用が高額になるということです。住宅用の太陽光発電ではパネルの設置費用だけですみますが、ソーラーシェアリングの場合は屋根などに設置するわけでなくその下に農地があるわけなので架台の設置費用が追加となります。また農業に支障を与えないよう計算して設置しなければならないのでその点にも費用がかかります。そのため利回りは悪く、初期費用の回収は十年単位でかかるのが一般的です。二つ目が農作物への配慮です。日陰や半日陰でよく育つ作物ならばよいのですが、そうでなく太陽光が豊富に必要な作物ならばソーラーシェアリングは不適といえます。そのため作物の種類をまず考慮してから導入の可否を考えるとよいでしょう。三つ目に許可が三年ごとに必要という点があります。三年ごとに許可をとらねばならず、途中で営農をやめた場合などは条件が変わるので注意しなければなりません。

RECOMMEND POST

店内

トータルで依頼できる

名古屋には、店舗デザインから施工までトータルでお願いできる会社があります。ショップのロゴや紙袋のデザインもお願いできるため便利です。デザインと予算を決めてお願いするとスムーズに話を進めることができます。

フェンス

境界を明確にする

フェンスは周囲との境界を明確にする、プライバシーを守る、侵入者を防ぐ、庭の雰囲気をよくするといった目的でつけられます。素材やデザインなどにより雰囲気や機能はかなり変わるので、実物を見ながら比較検討するのがおすすめです。

Copyright© 2018 ソーラーシェアリングの導入で収入を得よう【農地の有効活用の方法】 All Rights Reserved.