Menu

バイオマスを活用した発電

葉っぱ

経済性と環境配慮の両立

動植物などの生物から作り出される有機エネルギー資源であるバイオマスを活用した発電方法全般をバイオマス発電といいます。バイオマス発電には、大きく二種類の発電方法があります。一つ目は間伐材などを燃やして得られた熱を用いる方法です。もう一つは、生ごみや食料残渣、下水汚泥、家畜糞尿などを燃焼または発酵させてメタンガスなどの可燃ガスを生成し、それらを燃やして得られた熱を利用する方法です。いずれも得られた熱で水蒸気を発生させ、タービンを回して発電します。バイオマス発電は、水力発電や風力発電など、地球環境にやさしく持続可能な再生可能エネルギーの中の一つです。それらの中でも、バイオマス発電は近年、地方自治体や企業によって導入が拡大しています。その大きな理由の一つは、売電による収益の確保が行いやすいためです。固定価格買取制度により、再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が固定価格で買い取ることが義務付けられています。風力や太陽光に比べ、バイオマス発電は天候の影響を受けにくく、安定して発電が行えるため、設備投資の回収見込みやその後の収益計画が立てやすく、経営視点で見ても魅力があります。また、発電に用いられるバイオマスは本来ごみや産業廃棄物として費用をかけて処分していたものを活用できる場合があることから、事業コストの改善にも役立ちます。このような理由から、林業、畜産業、漁業だけでなく、食品製造業、飲食業など、バイオマスに関わる様々な分野の企業が参入し、導入が徐々に広がってきています。

RECOMMEND POST

店内

トータルで依頼できる

名古屋には、店舗デザインから施工までトータルでお願いできる会社があります。ショップのロゴや紙袋のデザインもお願いできるため便利です。デザインと予算を決めてお願いするとスムーズに話を進めることができます。

フェンス

境界を明確にする

フェンスは周囲との境界を明確にする、プライバシーを守る、侵入者を防ぐ、庭の雰囲気をよくするといった目的でつけられます。素材やデザインなどにより雰囲気や機能はかなり変わるので、実物を見ながら比較検討するのがおすすめです。

Copyright© 2018 ソーラーシェアリングの導入で収入を得よう【農地の有効活用の方法】 All Rights Reserved.