Menu

店内

トータルで依頼できる

名古屋には、店舗デザインから施工までトータルでお願いできる会社があります。ショップのロゴや紙袋のデザインもお願いできるため便利です。デザインと予算を決めてお願いするとスムーズに話を進めることができます。

フェンス

境界を明確にする

フェンスは周囲との境界を明確にする、プライバシーを守る、侵入者を防ぐ、庭の雰囲気をよくするといった目的でつけられます。素材やデザインなどにより雰囲気や機能はかなり変わるので、実物を見ながら比較検討するのがおすすめです。

葉っぱ

バイオマスを活用した発電

バイオマス発電は動植物などの生物由来の原料を活用し発電する再生可能エネルギーの一つです。再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度により、固定価格での売電ができること、天候に左右されにくい発電方法であること、従来コストであった廃棄物を発電に利用できることなどから、近年、企業による導入が広がっています。

ソーラーパネル

営農しながら太陽光発電

ソーラーシェアリングとは営農しながら太陽光発電を行うシステムです。営農収入と売電収入が得られるというメリットがありますが、初期費用が高いこと、適する作物とそうでない作物もあること、許可が必要なことなどは注意しなければなりません。

店員

設計と施工の発注方法

集客力アップを重視すると同時に、スタッフの働きやすさにもこだわって店舗デザインを考えるのが、繁盛店を目指すための基本です。10坪程度の内装のデザインにも強い業者を利用すると、名古屋市中心部のコンパクトな店舗の機能性も高まるでしょう。

新たな収入を得る

太陽光発電

申請が必要

現在農地の有効活用の方法として、注目を集めているのがソーラーシェアリングです。ソーラーシェアリングとは農地の3メートル上ほどにソーラーパネルを設置して、農業をしながら太陽光発電を行うものです。農業以外にも太陽光発電で収入を得られるようになるため、多くの方が関心を寄せています。ただし、ソーラーシェアリングは農地の一時転用という形で行うために申請が必要で、市町村の農業委員会に申し込みします。農地転用の申請には各市町村の農業雨委員会で必要になる書類が決められていますが、ソーラーシェアリングをする場合はこれにさらに定められた書類を揃えなければいけません。必要な書類は、まず発電設備を設置する農地の営農計画書、ソーラーシェアリングの設備設計図、営農意見書です。これに発電設備を設置する農地と営農者が違う場合は、設備の撤去の際に発生する費用負担について合意していることを証明する書面も用意します。また、ソーラーシェアリングの設備を導入する場合には、この資金が確保されていることを証明しなくてはいけません。自己資金で設備を設置する場合は残高証明書等、融資を受ける場合には融資内定証明書等を金融機関から発行してもらい提出します。そして書類を用意し、各農業委員会の定めた申請方式に則って、自己所有の農地の場合は農地法第4条許可、他人の農地の場合は農地法第3条許可か、第5条許可申請をします。このように書類を用意して手続きを踏まなくてはいけませんが、ソーラーシェアリングは新たな収入を得るチャンスなので、関心のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

RECOMMEND POST

店内

トータルで依頼できる

名古屋には、店舗デザインから施工までトータルでお願いできる会社があります。ショップのロゴや紙袋のデザインもお願いできるため便利です。デザインと予算を決めてお願いするとスムーズに話を進めることができます。

フェンス

境界を明確にする

フェンスは周囲との境界を明確にする、プライバシーを守る、侵入者を防ぐ、庭の雰囲気をよくするといった目的でつけられます。素材やデザインなどにより雰囲気や機能はかなり変わるので、実物を見ながら比較検討するのがおすすめです。

Copyright© 2018 ソーラーシェアリングの導入で収入を得よう【農地の有効活用の方法】 All Rights Reserved.